About THE USA

国務省出版物

« CONTENTS LIST

民主主義の原則 – 言論の自由

言論と表現の自由、特に政治およびその他の公共問題に関する言論と表現の自由は、いかなる民主主義にとっても原動力である。民主主義政府が、文章や言論の内容を統制することは、ほとんどない。従って、通常、民主主義国には、異なった、あるいは相反する考え方や意見を表明する声で満ちあふれている。

民主主義の理論家たちによると、自由で開かれた討論は、通常、考慮されている中で最良の選択肢へと導いてくれ、深刻な過ちを回避する可能性がより高いという。

  • 民主主義は、教養と知識のある一般市民に依存する。市民は、情報を入手することによって、公的な社会生活に、できる限り全面的に参加したり、分別に欠ける専制的な政府の官僚や政策を批判したりすることができる。市民と公選された代表者たちは、民主主義が、検閲を受けない思想、データ、意見を、可能な限り広範に入手できるかどうかにかかっていることを理解している。
  • 自由な国民が自治を行うためには、言論や文章を通じ、率直に、公然と、そして繰返し自らを表現する自由がなければならない。
  • 言論の自由の原則は、民主主義国の憲法によって保護され、政府の立法府や行政府による検閲を防がなければならない。
  • 言論の自由の保護は、いわゆる消極的権利である。もう一方のいわゆる積極的権利が、直接的な行動を義務付けるのとは異なり、消極的権利は単に、政府に対して言論を制限しないよう求めるものである。ほとんどの場合、民主主義国の政府当局者は、社会の中の文書および口頭の言論内容には関与しない。
  • 抗議活動は、いかなる民主主義国においても、試金石の役割を果たす。従って、平和的集会の権利は極めて重要であり、言論の自由を促進する上で、不可欠な役割を果たす。市民社会は、争点を巡って深く意見の対立する人々の間で活発な討論が行われることを可能にする。
  • 言論の自由は基本的権利であるが、絶対的なものではなく、暴力、中傷、名誉毀損、国家転覆、あるいはわいせつを正当化するために使うことはできない。強固な民主主義国においては、暴力を扇動したり、事実に反して他人の評判を傷つけたり、立憲政治の政府を倒したり、下劣な行為を促進しかねない言論を禁止することを正当化するためには、概して、そうした言論がかなり大規模な脅威であることが必要である。また、ほとんどの民主主義国では、人種的または民族的暴力を扇動する言論も禁止している。
  • 民主主義の課題は、言論と集会の自由を守る一方で、真に暴力や脅迫や国家転覆を奨励する言論に立ち向かう、というバランスの問題である。。
 

出典: Bureau of International Information Programs “Principles of Democracy” 
*上記の日本語文書は参考のための仮翻訳で、正文は英文です。

« CONTENTS LIST

Freedom of Speech

(The following one-pager is taken from the U.S. Department of State publication Principles of Democracy.)

Freedom of speech and expression, especially about political and other public issues, is the lifeblood of any democracy. Democratic governments do not control the content of most written and verbal speech. Thus democracies are usually filled with many voices expressing different or even contrary ideas and opinions.

According to democratic theorists, a free and open debate will usually lead to the best option being considered and will be more likely to avoid serious mistakes.

• Democracy depends upon a literate, knowledgeable citizenry whose access to information enables it to participate as fully as possible in the public life of their society and to criticize unwise or tyrannical government officials or policies. Citizens and their elected representatives recognize that democracy depends upon the widest possible access to uncensored ideas, data, and opinions.

• For a free people to govern themselves, they must be free to express themselves – openly, publicly, and repeatedly; in speech and in writing.

• The principle of free speech should be protected by a democracy's constitution, preventing the legislative or executive branches of government from imposing censorship.

• The protection of free speech is a so-called negative right, simply requiring that government refrain from limiting speech, unlike the direct action required of other so-called affirmative rights. For the most part, the authorities in a democracy are uninvolved in the content of written and verbal speech in the society.

• Protests serve as a testing ground for any democracy – thus the right to peaceful assembly is essential and plays an integral part in facilitating the use of free speech. A civil society allows for spirited debate among those in deep disagreement over the issues.

• Freedom of speech is a fundamental right, but it is not absolute, and cannot be used to justify violence, slander, libel, subversion, or obscenity. Consolidated democracies generally require a high degree of threat in order to justify banning speech which may incite violence, untruthfully harm the reputation of others, overthrow a constitutional government, or promote lewd behavior. Most democracies also forbid speech that incites racial or ethnic violence.

• The challenge for a democracy is one of balance: to defend freedom of speech and assembly while countering speech which truly encourages violence, intimidation, or subversion.