後援名義の申請について

アメリカ大使館後援

アメリカ大使館・領事館では、日米関係を深め、アメリカの文化や教育に焦点をあてたイベントや事業に対する後援名義の申請を受付けています。
後援名義の申請後許可が下りると、アメリカ大使館・領事館のいずれかの後援名での使用が可能となります。

 

 


後援名義の申請の流れ

STEP1
基本ガイドラインをチェック

アメリカ大使館後援を申請する前に、基本ガイドラインをご確認ください。

※メール容量が2MBを越すものは受け取りができませんので、御注意下さい。

基本ガイドライン

STEP2
オンラインフォームから申請

申請はオンラインフォームから受付けています。

※フォームには保存機能がありません。WORDファイルから必要な項目を確認できますのでご利用ください。

申請フォーム項目一覧(WORD:16.9KB)

申請フォームへ

アップグレード中のため、ブラウザからの警告が出る場合がありますが、
安全性に問題ございません。詳しくはこちら

STEP3
許可がおりたら…

承認された事業に対してのみアメリカ大使館・領事館の担当者から承認書をお送りします。
これを持ちまして正式な承認となり、その後、指定の表記での使用が可能となります。

NOTES
イベント終了後…

約1ヶ月以内に、イベントレポートの提出をお願いしています。 担当官宛にメールまたは郵送にて提出してください。(形式は自由)
提出いただいたレポートは、アメリカ大使館、アメリカンセンターJapan、及びAmerican View等に掲載させていただく場合があります。


これまでの後援

現在開催中のイベント

アメリカ大使館・領事館のいずれかが後援するイベントについては、イベント情報の一覧からご確認いただけます。

過去の後援イベント

今までに後援を出したイベントの一例です。

※今後の後援名義を約束するものではありません。

 

パフォーミング・アーツ
Disney on Classic (2011)

常任指揮者のBard Kelleyと東京フィルの「ネバーランド・オーケストラ」が全国をまわる毎年恒例のツアー。アメリカ人ボーカリストも多数出演。

Blue Man Group (2011)

芸術性、音楽性の高いパフォーマンスを展開するアメリカのクリエイティブ集団による、アジア初のロングラン公演。

ビジュアル・アーツ
Boston MFA 浮世絵展 (2011)

日本国外では世界最多の日本美術のコレクションを有し、浮世絵版画でも各時代の名品をとりそろえたボストン美術館がおくる2011年度最大級の浮世絵展。

モネとジヴェルーニの画家たち
(2011)

モネを育んだ美術村、ジヴェルーニで同時期に活動したアメリカ人印象派画家の作品を一同に展示した展覧会。

教育・人物交流、英語教育、アメリカ留学
全国高等学校英語スピーチコンテスト
(2012)

全国の高校生が参加する、全国英語教育研究団体連合会主催の英語スピーチコンテスト。

日米学生会議 (2012)

財団法人国際教育振興会主催の、日米の大学生の交流を目的としたプログラム。

Twitter

  • YouTube
  • Flickr
  • LINE