About THE USA

米国政府

« CONTENTS LIST

選挙

概要
 

全国選挙は、2年ごとに偶数年の11月最初の月曜日の翌日にあたる最初の火曜日に行われる。州や地方政府の選挙は、全国選挙と同時に行われることが多いが、別の年や月に行われる場合もある。

アメリカ国民は、政治にどの程度関与するかを、それぞれ自由に決めることができる。大多数の市民が、候補者の選挙運動にボランティアとして参加したり、特定の主義主張を推進したり、あるいは自ら公職に立候補して活発に政治に関わる。一方、投票日に1票を投じることで政治に参加し、あとは民主主義制度の作用に任せて個人の自由が保護されていることを確信する国民も多い。

すべての下院議員は、彼らが代表する地区の選挙民によって、2年ごとに選出される。

上院議員の任期は6年で、毎偶数年に3分の1が改選される。上院議員は総選挙で選ばれ、所属する州の住民すべてを代表する。大統領と副大統領は、4年ごとに、同時に総選挙で選出される。

選挙プロセスは、個人が当該職務への立候補を声明した時点で、実際の選挙に先立って始まる。連邦議会選挙の課程では、同一政党から二人以上の候補者が出馬を求めれば、どの候補者を総選挙に擁立するかを決める予備選挙が行われる。

大統領選挙のための主要プロセスは、連邦議会選挙とは異なる。1月に始まり選挙の年の6月まで続き、各州で大統領予備選挙または党員集会が行われる。これらでの投票結果が、通常7月か8月に開催される大統領候補指名全国党大会で、何名の代議員が各候補者を代表するかを決めることになる。これらの党大会でその党の候補者を実際に選び出す。

11月の総選挙では、上院議員と下院議員が相対多数投票―過半数に達していなくても最多得票を獲得した候補者が勝者となるーによって選出される。大統領選挙では、各州は、その州の米国下院ならびに上院の議員の合計数と等しい数の選挙人票が割り当てられる。コロンビア特別区は、州ではないが、3票の選挙人票を有する。

ある州の一般投票に勝利した大統領候補者が、通常勝者の独り占め方式で、その州の選挙人票を“獲得する”。各州の選挙が認正された後、各候補者の獲得選挙人数が数えられる。ある候補者が選挙人票の過半数(合計538票のうち少なくとも270票)を獲得すれば、その人物が、勝利宣言を得る。選挙人票の過半数を獲得した者が誰もいなければ、各州の代表団が1票を投じて、下院が勝者を選ぶ。大統領は、国民による直接選挙では選ばれないので、ある候補者が一般投票で相対多数を得ても、選挙に負けることがある。

– 米国国務省国際情報プログラム室出版物およびその他の政府刊行物より –

総合情報
 
選挙人団
 
選挙資金
 
選挙手続き
 
統計
  • Elections – Statistical Abstract of the United States
 
オンライン選挙情報サイト
 
政権移行に関して
PAGE TOP