About THE USA

教育

« CONTENTS LIST

米国の教育―教育政策と現状

 4人に1人が学校に通う

2000年には米国では3歳児以上の4人に1人以上が学校に通い、教育はきわめて日常生活の一部になっている。2000年における7680万人の学生生徒の内訳は、保育園児500万人、幼稚園児420万人、小学生3370万人、高校生1640万人、大学生(学部生)1440万人、大学院生310万人となっている。

学力達成度

子供達の学力達成度は、“順調に”学力が身についている(学年齢に応じた、またはそれ以上の学年で学校に在籍)、優秀な生徒対象のクラスをとっている、転校生である、原級させられている、停学中であるといった結果を検証することで、分析できる。2002年、全国では12歳から17歳の子供の72%が、年齢相応の学業成果をあげている。女子のほうが男子より成果をあげている傾向が見られ、女子は79%、男子は69%となっている。

6歳から11歳の子供の13%、12歳から17歳の子供の22%が優秀な生徒を対象とする特別クラスに籍を置いている。教科は何であれ優等賞をもらい、高校の上級クラスに進み、勉強に取り組んでいる者を含む。親が大学院の学位をもつ12歳から17歳の子供達の半数(49%)が優秀者クラスにいる一方、親が高校教育またはそれ以下しか受けていない子供達では、14%にすぎなかった。優秀者クラスの子供の割合は、両親が結婚している12歳から17歳の子供たち(24%)の方が、両親が別居したり離婚し、または親が夫や妻を亡くした子供たちと、結婚生活の経験のない親を持つ子供たちより高かった(その比率は、それぞれ17%と12%であった)。

1年生から12年生の10分の1が私立校に通う

2000年4月時点で、1年生から12年生の生徒520万人、当該年齢の生徒の10.4%が私立学校に通学している。私立校進学者の割合のグループ間による変化は、私立校の学費を支払える経済力、所属する宗教宗派、地元の公立学校の質といったいくつかの要因が反映する。私立校に通う男・女生徒の割合の差はわずかで、むしろ民族やヒスパニック系で顕著である。2000年には、非ヒスパニックの白人の子供達(13%)、アジア人の子供達(10%)、2カ国以上の民族的背景を持つ子供達(9%)が最も多く私立学校に在籍していた。

米国人は歴史上最も教育を受けている

2003年には、25歳ないしそれ以上の全ての成人の5分の4(85%)以上が、自分は少なくとも高校卒で、4分の1以上(27%)は少なくとも学士号の取得者であると述べ、両方とも史上最高の数値である。2003年には、高校課程を修了した成人の割合は、84%だった2000年以来初めて増加した。

– 米国国務省国際情報プログラム室出版物およびその他の政府刊行物より –

概括

 

初等中等教育改正法(落ちこぼれ防止法)
 
ブラウン対教育委員会事件

 

障害を持つ、または不利な条件の子供

 

児童の就学前教育

 

公立学校での宗教的表現

 

統計

 

ウェブサイト
PAGE TOP