About THE USA

環境・科学技術

« CONTENTS LIST

情報技術

情報テクノロジー(IT)は、3種類の主要技術―デジタルコンピューティング、データ保存、テレコミュニケーションのネットワークを通じてデジタル信号を伝送する能力―の組み合わせを反映している。半導体技術、情報の保存、ネットワーキングにおける急速な変化は、ソフトウェアの進歩と相まって新たな応用、コスのト低減、そしてITの広範な普及を可能にした。.

コンピュータは元々、主にデータ処理のために使われていた。コンピュータの能力が高まり便利になるにつれて用途が拡大していった。初期のミニコンピュータやPCのソフトには文書処理、表計算、データベースプログラムなどがあった。過去20年、ソフトウェアの技術革新のおかげで教育ソフト、コンピュータ出版、コンピュータを使ったデザインや製造、ゲーム、模型製作と模擬実験、ネットワーキングやコミュニケーションのソフトウェア、電子メール、ワールド・ワイド・ウェブ、デジタル画像や写真、オーディオやビデオのアプリケーション、電子取引のアプリケーション、グループウェア、ファイルの共有、サーチ・エンジン、その他諸々へと拡がっていった。

1960年代、コンピュータは主に研究開発団体や、大企業や機関のオフィスで使われていた。過去数十年で用途が拡がった結果、ITは急速に普及し、単にコンピュータ集約型の仕事にたずさわる一部の人だけでなく、ほぼ誰にも影響を与えるようになった。学校、図書館、家庭、オフィス、そしてビジネスにおいて当たり前のものになっている。たとえば街角の雑貨店ではデビットやクレジットの支払い等各種電子取引にITを活用し、また車の修理工場はトラブル診断やディーラーの部品在庫調査にITを利用している。

– 米国国務省国際情報プログラム室出版物およびその他の政府刊行物より –
 
オリジナルドキュメント
  • NCO Publications – Networking and Information Technology Research and Development

 

統計

 

ウェブサイト

 

インターネット

 

統計

 

ウェブサイト

 

電子政府

 

ウェブサイト

 

サイバーセキュリティ
 
ウェブサイト

 

 

PAGE TOP