About THE USA

環境・科学技術

« CONTENTS LIST

環境・科学・技術 – 概要

独立国家としての誕生以来、米国は科学と発明を奨励してきた。米国はアイデアの自由な交流を促がし、“実用的な知識”の普及を支援し、また世界中の創造性に富む人材を喜んで受け容れることでこれを実現してきた。

米国憲法自体、科学的創造性を奨励する意欲を反映している。 米国憲法は、“著者や発明者に一定期間、個々の著作や発見に対して独占的な権利を保障することで科学と有用な芸術の発展を奨励するため”議会に権限を与えている。この条項が、米国の特許や著作権システムの根幹を形作った。

歴史が始まってから、米国は科学にとって格好の国であった。米国の科学は人々の必要性と密接に関連しており、ヨーロッパの先入観とは無縁であった。米国の建国の父のうちの二人はなかなかの名声を備えた科学者であった。ベンジャミン・フランクリンは電気に対する人の理解を深める一連の実験を行った。トーマス・ジェファーソンは様々な種類の米、オリーブの木、草などを新世界に持ち込んだ農学の研究者であった。

19世紀中、イギリス、フランス、そしてドイツが、科学や数学の分野では新しいアイデアの先端にいた。しかし米国が理論の構築面で遅れをとっていたとしても、理論を用いて問題を解決する、応用科学では秀でていた。この伝統は必要性から誕生した。米国人が理論的な知識を“ヤンキーの才”と結びつけた時、その結果が重要な発明の湧出となって現れた。偉大な米国の発明家には、ロバート・フルトン(蒸気船)、サミエル・F・B・モース(電報)、エリー・ホワイトニー(綿繰り機)、サイラス・マコーミック(刈り取り機)、そして100以上の発明品にその名を冠する、中でも最も創造力に富んだ、トーマス・アルヴァ・エジソンなどがいる。

20世紀後半、米国の科学者はその実用的な発明や応用以上に有名になった。突然、彼らは“純粋”科学―概念や理論の構築―に対する貢献で認められるようになっていった。その変貌のパターンは物理学や化学のノーベル賞受賞者に見られる。ノーベル賞の歴史のはじめの半世紀間―1901年から1950年まで―科学分野のアメリカ人の受賞者はきわめて少数であった。1950年以来、米国人は科学分野のノーベル賞受賞者の約半数を占めている。

 
– 米国国務省国際情報プログラム室出版物およびその他の政府刊行物より –
 
オリジナルドキュメント

 

統計

 

ウェブサイト

 

PAGE TOP