About THE USA

国務省出版物

大統領演説米国の歴史と民主主義の基本文書

« CONTENTS LIST

公民権に関する声明(1964 年)

リンドン・B・ジョンソン

PDFで見る (337 KB, 5 p.)

wwwj-majordocs-johnson第36代大統領リンドン・B・ジョンソン

ジョン・F・ケネディの後を継いで大統領となったリンド ン・B・ジョンソン副大統領は、大統領就任後間もなく、米国における根強い悪のひとつである人種差別の根絶に向けて 全力を傾注した。ジョンソン大統領は、1963 年にケネディ 大統領が提案した法律を連邦議会が制定するよう促した。この法律は、すべての米国民の投票権を保証し、何人に対して も人種または宗教を理由にホテル、レストラン、およびその 他の公共の場所への入場を拒否することを処罰の対象となる 罪とし、人種的に統合された学校の実現に向けた動きを加速 させ、すべての人々に平等な雇用機会を保証する手段を提供 するものだった。議会での長期間にわたる討論の末、この法 案は1964 年に上下両院で、ともに圧倒的多数で可決された。 この法律はこれまで制定された公民権法の中で最も広範囲に 及ぶもので、米国の立法史上、画期的な出来事であった。 ジョンソン大統領は、この法案の大統領署名に先立ち1964 年7 月2 日、米国民に向け声明を放送で発表した。


米国民の皆さん、私は今まさに1964 年公民権法に署名し法律として成立させようとしている。私はこの 機会を利用し、この法律が一人一人の米国民にとって何を意味するのか、ということについてお話しした い。今から188 年前のこの週に、少数の勇敢な人々が、自由のための長い闘いを開始した。彼らは、国家 創設のためだけでなく自由の理想を築くために、また政治的な独立だけでなく個人の自由のために、そし て外国による統治を排除するだけでなく人々の生活における正義の支配を確立するために、自らの生命、 財産、および崇高な名誉をかけて誓約した。

その闘いは、わが国の歴史の転換点だった。今日、遠い大陸の隅々で、米国のこれらの愛国者たちの理 想が、今も、自由を切望する人々の闘争を決定づけている。これは誇るべき勝利である。しかし、わが国 の創設者たちは、自由が保証されるためには、それぞれの世代が自由の意味を再確認し拡大するために闘 わなければならないことを理解していた。コンコードのミニットマン(緊急招集兵)からベトナムにいる兵士たちまで、どの世代もその信頼に応えてきた。

あらゆる人種と肌の色の米国民が、われわれの自由を守るための戦いで命を落としてきた。あらゆる人 種と肌の色の米国民が、拡大する可能性を持つ国家の建設に努力してきた。今、この世代の米国民は、わ が国の国境内における正義の果てしない追求を続けることを求められている。

われわれは、すべての人々が平等に作られていると信じている。われわれは、すべての人々が特定の不 可分の権利を持つと信じている。しかしながら、こうした権利を享受していない米国民が大勢いる。われ われは、すべての人々が自由の恩恵を受ける権利があると信じている。しかしながら、そうした恩恵を奪 われている人々が、何百万人もいる。自らの失敗のせいではなく、肌の色のせいなのである。その理由は、 歴史と伝統と人間の性質に深く根づいている。われわれは、恨みや憎しみを抱くことなく、こうしたことが、みんな起きたいきさつは理解することができる。

しかし、そうしたことが続いてはならない。この共和国の基盤である合衆国憲法が禁じている。われわ れの自由の原則が禁じている。道徳が禁じている。そして、私が今夜署名しようとしている法律が、そう したことを禁じている。この法律は、何カ月にも及ぶ極めて慎重な討論と話し合いの結果として生まれた ものである。この法律は、1 年以上前に、われわれの愛する故ジョン・F・ケネディ大統領が提案したものである。そして、上下両院で3 分の2 以上の超党派的な支持を受けて可決された。民主党だけでなく共和 党の議員の大多数がこの法案を支持する投票をした。

この法律は、米国各地の何万人もの市民団体・宗教団体の指導者たちから、思慮に富んだ支持を受けた。 そして、この法律は、米国民の大多数の支持を受けている。

この法律の目的は簡明なものである。これは、米国民が他者の権利を尊重する限り、その米国民の自由 に制約を加えるものではない。また、いかなる市民に対しても特別待遇を与えるものではない。この法律 に述べられているのは、神の前で平等な人々は、投票所、教室、工場、およびホテル、レストラン、映画 館など公衆にサービスを提供する場所においても、いまこそ平等な存在とする、ということである。

私は、法律が忠実に施行されるようにするという私の憲法上の義務の下で、この法律を実施するための 措置を取る。

第1 に、私は、地域人種関係サービス局長にリロイ・コリンズ氏を指名し、これを上院に提出する。コ リンズ知事は、卓越した長い公務体験を生かし、地域社会の人間関係の問題を理性と常識によって解決す ることに貢献する任務を果たしてくれるだろう。

第2 に、私は、コリンズ知事の任務を支援するために、優れた米国民から成る諮問委員会を任命する。

第3 に、私は、この法律の実施に必要な経費を支払うための追加予算の要請を議会に提出し、直ちに措 置が取られることを要求する。

第4 に、すでに本日午後の閣僚との会議で、私は、米国政府の各省庁が、この法律によってそれら省庁 に課された新たな義務を全面的に遂行し、今後も遅れることなく遂行を続け、その進捗状況について直接、 私に報告するよう指示した。

第5 に、私は、この法律の理解を深めることを促進し、順守の精神を達成するために、しかるべき政府関係者が代表団体との会合を行うことを要請する。

われわれは、この法律の順守と執行に対して、報復の精神をもって取り組むことがあってはならない。 この法律の目的は、処罰することではない。その目的は、分裂を招くことではなく、これまで続いている 長すぎた分裂に終止符を打つことである。その目的は、地域的なものではなく国家的なものである。その 目的は、自由へのより持続的な献身と、より一貫した正義の追求と、人間の尊厳に対するより深い尊重を 促進することである。

われわれはこれらの目標を達成するだろう。なぜなら、ほとんどの米国民は法律を順守する市民であり、 正しい行いをしたいと望んでいるからである。この公民権法が、まずは自主的な順守を当てにし、次に地 域社会および各州による市民の権利確保の努力を当てにしているのは、そのためである。この法律では、 国家以外の者がその責務を遂行できない場合あるいは遂行しようとしない場合にのみ、国家当局が介入す ることを規定している。

この公民権法は、われわれ全員が、各地域社会で、各州で、各家庭で、そして各自の心の中で、われわ れの愛する米国における不正の最後の痕跡を排除すべく努力することを求める挑戦である。

そこで今夜私は、すべての公務員、宗教指導者、ビジネスマン、専門職者、労働者、主婦の皆さんに― そしてすべての米国民の皆さんに―、強く要請する。米国民全員に正義と希望をもたらすための―そして この国に平和をもたらすための―努力に加わるように、と。

国民の皆さん、われわれは今、試練の時を迎えている。われわれはこれに失敗してはならない。

人種差別の毒の泉をせき止めよう。賢明で思慮深い心を得られるように祈りを捧げよう。些細な相違点 を忘れて、この国を癒そう。そして、われわれの無限の力と限りない精神が、われわれ皆の父である公正 かつ賢明な神によってこの国に与えられた偉大な作業を自由に遂行できる日が訪れるのを早めよう。


詳細 :President Lyndon B. Johnson’s Radio and Television Remarks Upon Signing the Civil Rights Bill, Lyndon Baines Johson Library and Museum 
*上記の日本語文書は参考のための仮翻訳で、正文は英文です。

« CONTENTS LIST

Civil Rights Statement(1964)

Lyndon B. Johnson

PDF (337 KB, 5 p.)

wwwj-majordocs-johnsonThe 36th President, Lyndon B. Johnson

My Fellow Americans:

I am about to sign into law the Civil Rights Act of 1964. I want to take this occasion to talk to you about what that law means to every American. One hundred and eighty-eight years ago this week a small band of valiant men began a long struggle for freedom. They pledged their lives, their fortunes, and their sacred honor not only to found a nation, but to forge an ideal of freedom - not only for political independence, but for personal liberty--not only to eliminate foreign rule, but to establish the rule of justice in the affairs of men.

That struggle was a turning point in our history. Today in far corners of distant continents, the ideals of those American patriots still shape the struggles of men who hunger for freedom. This is a proud triumph. Yet those who founded our country knew that freedom would be secure only if each generation fought to renew and enlarge its meaning. From the Minutemen at Concord to the soldiers in Viet Nam, each generation has been equal to that trust.

Americans of every race and color have died in battle to protect our freedom. Americans of every race and color have worked to build a nation of widening opportunities. Now our generation of Americans has been called on to continue the unending search for justice within our own borders.

We believe that all men are created equal. Yet many are denied equal treatment. We believe that all men have certain unalienable rights. Yet many Americans do not enjoy those rights. We believe that all men are entitled to the blessings of liberty. Yet millions are being deprived of those blessings--not because of their own failures, but because of the color of their skin. The reasons are deeply imbedded in history and tradition and the nature of man. We can understand--without rancor or hatred--how this all happened.

But it cannot continue. Our Constitution, the foundation of our Republic, forbids it. The principles of our freedom forbid it. Morality forbids it. And the law I will sign tonight forbids it. That law is the product of months of the most careful debate and discussion. It was proposed more than one year ago by our late and beloved President John F. Kennedy. It received the bipartisan support of more than two-thirds of the Members of both the House and the Senate. An overwhelming majority of Republicans as well as Democrats voted for it.

It has received the thoughtful support of tens of thousands of civic and religious leaders in all parts of this Nation. And it is supported by the great majority of the American people.

The purpose of the law is simple. It does not restrict the freedom of any American so long as he respects the rights of others. It does not give special treatment to any citizen. It does say that those who are equal before God shall now also be equal in the polling booths, in the classrooms, in the factories, and in hotels, restaurants, movie theaters, and other places that provide service to the public.

I am taking steps to implement the law under my constitutional obligation to take care that the laws are faithfully executed.

First, I will send to the Senate my nomination of LeRoy Collins to be Director of the Community Relations Service. Governor Collins will bring the experience of a long career of distinguished public service to the task of helping communities solve problems of human relations through reason and common sense.

Second, I shall appoint an Advisory Committee of distinguished Americans to assist Governor Collins in his assignment.

Third, I am sending Congress a request for supplemental appropriations to pay for necessary costs of implementing the law, and asking for immediate action.

Fourth, already today in a meeting of my Cabinet this afternoon I directed the agencies of this Government to fully discharge the new responsibilities imposed upon them by the law and to continue to do it without delay, and to keep me personally informed of their progress.

Fifth, I am asking appropriate officials to meet with representative groups to promote greater understanding of the law and to achieve a spirit of compliance.

We must not approach the observance and enforcement of this law in a vengeful spirit. Its purpose is not to punish. Its purpose is not to divide, but to end divisions--divisions which have all lasted too long. Its purpose is national, not regional. Its purpose is to promote a more abiding commitment to freedom, a more constant pursuit of justice, and a deeper respect for human dignity.

We will achieve these goals because most Americans are law-abiding citizens who want to do what is right. That is why the Civil Rights Act relies first on voluntary compliance, then on the efforts of local communities and States to secure the rights of citizens. It provides for the national authority to step in only when others cannot or will not do the job.

This Civil Rights Act is a challenge to all of us to go to work in our communities and our States, in our homes and in our hearts, to eliminate the last vestiges of in justice in our beloved America.

So tonight I urge every public official, every religious leader, every business and professional man, every working man, every housewife--I urge every American--to join in this effort to bring justice and hope to all our people--and to bring peace to our land.

My fellow citizens, we have come now to a time of testing. We must not fail.

Let us close the springs of racial poison. Let us pray for wise and understanding hearts. Let us lay aside irrelevant differences and make our Nation whole. Let us hasten that day when our unmeasured strength and our unbounded spirit will be free to do the great works ordained for this Nation by the just and wise God who is the Father of us all.


More information: President Lyndon B. Johnson's Radio and Television Remarks Upon Signing the Civil Rights Bill, Lyndon Baines Johson Library and Museum