GUIDE#02

高校留学

アメリカの公立・私立の高校は、世界各国からの留学生を積極的に受け入れています。アメリカの高校に留学すれば、英語力を向上させられるのはもちろん、アメリカの文化や社会について学ぶことができます。また、日本とはまったく異なる環境で豊かな経験を積むことは、独立心を育み自信を深める機会にもなるはずです。クラスメートや課外活動の仲間と築く友情や、地域の人々との多彩な交流を経験することは、生涯の宝物となるでしょう。

  1. 1.教育システム
  2. 2.カリキュラムと課外活動
  3. 3.高校留学の種類
  4. 4.交換留学プログラム
  5. 5.私費留学(公立・私立の高校への直接入学)
  6. 6.役に立つリンク

1. 教育システム

アメリカの初等・中等教育は12年制ですが、日本のような6・3・3制ではなく、学校によって異なるシステムを持っています。中高一貫校もあれば、日本の中学校にあたる「ジュニアハイスクール」または「ミドルスクール」(6年生から8年生または9年生まで)と、高校にあたる「シニアハイスクール」または「ハイスクール」(8年生または9年生から12年生まで)に分かれている学校もあります。12年制を修了すると、「ハイスクール・ディプロマ」という卒業証書が授与されます。

また、日本では3学期制が一般的ですが、アメリカでは多くの学校が2学期制(秋学期・春学期)を採用しています。9月初旬に新学年が始まって5月に終業を迎えます。

アメリカの高校には、普通校、男女別の学校、寄宿学校、宗教に基づく学校などさまざまなタイプの学校があります。どの学校にもそれぞれに長所があり、独自の取り組みを行っています。スポーツや課外活動で知られる学校もあれば、学力で有名な学校もあります。また、英語力の不足している学生のために、「第2言語としての英語」(English as a Second Language=ESL)プログラムを設けている学校も数多くあります。


2. カリキュラムと課外活動

アメリカの高校の多くが、英語、科学、社会、数学を必須科目としています。これらの必須科目のほかに、様々な選択科目から好きな授業を選べるのが特徴です。高いレベルの学力をつけたい生徒向けには、大学レベルの科目を履修できるコース(Advanced Placement=AP)や、国際バカロレア機構コース(International Baccalaureate =IB)を用意している学校もあります。

アメリカの高校では、生徒たちに対して、クラブ活動やボランティア活動などの課外活動に参加するよう奨励しています。生徒は課外活動を通して、学校や地域との関係をより深めていくのです。


3. 高校留学の種類

日本からアメリカの高校に留学する方法は、主に2つあります。1つは、交換留学プログラムに応募する方法、もう1つは、自分でアメリカの高校への入学手続きをする方法です。


4. 交換留学プログラム

アメリカは、毎年世界中から高校生を交換留学生として迎えています。交換留学生は、ボランティアで留学生を受け入れているホストファミリーと一緒に暮らしながら、1学年または1学期を通してアメリカの高校に通うのが一般的。ホストファミリーとの生活は、英語を練習する機会となるのはもちろん、アメリカ人の生活を実体験するチャンスとも言えます。

交換留学の応募資格や選考課程は、プログラムによって異なりますが、プログラムを実施している団体から、高校の成績証明書の提出を求められるのが一般的です。また、プログラム参加には、ある程度の英語力が必要とされるため、学校の先生からの英語力評価証明の提出や、各プログラムの地域担当者による英語の面接(インタビュー)を受けることが必要となる場合もあります。

交換留学プログラムの費用は、渡航の際の航空運賃や健康保険料、学費、カウンセリング料、オリエンテーション費用、事務手続費などを含め、1年間でおよそ120万〜150万円*ほどです。こうした費用は自己負担となる場合が多く、奨学金が適用されるケースはごくわずかですが、交換留学を提供している国際団体の中には、プログラムの費用の一部または全額を支給する奨学金制度を設けている団体もあります。

交換留学プログラムに参加するにはJ-1交流ビザを取得する必要があります。交流ビザに関する詳しい情報は、米国大使館の「交流訪問者ビザ」日米教育委員会(フルブライト・ジャパン)「ビザ・滞在資格」のページをご覧下さい。また、ビザに関する相談は、アメリカ大使館ビザサービスへお問い合わせ下さい。

*出典:Kbunsha 留学ガイド


5. 私費留学(公立・私立の高校への直接入学)

 

5-1. 公立高校

アメリカの公立高校は、留学生の受け入れを1年間の期限付きで行っています。公立高校を探すには、留学を希望する州の教育担当官庁に問い合わせ、その州内または特定の学区内にある学校の情報を提供してもらうといいでしょう。

公立高校の1年間の費用は、3000ドル〜10000ドルほどです。

*出典:米国国務省

 

5-2. 私立高校

私立高校への留学は、公立高校より選択肢が広がるのがメリットです。在学期間の制限がないので、アメリカでハイスクール・ディプロマ(高校卒業証)の取得を目指す多くの留学生が、私立高校への留学を選んでいます。

私立高校に留学する場合は、通常、入学適性試験を受ける必要があります。

最も広く採用されている入学試験はSSATとISEEです。また、英語力テストTOEFL Juniorなどのテストの受験が必要です。

SSAT(SecondarySchoolAdmissionTest)

ISEE(IndependentSchoolEntranceExamination)

SEE(Independent School Entrance Examination)

TOEFL Junior Test

このほか、エッセイや成績証明書、推薦状などが求められたり、面接や電話でのインタビューが実施されたりする場合もあります。

私立高校への留学費用は年間30000ドル-65000ドルほどです。

 

5-3. 滞在先とビザ

公立高校でも私立高校でも、個人的に留学する場合は滞在先を自分で手配するのが一般的です。アメリカの高校での私費留学には、F-1学生ビザの取得が必要です。ビザに関する詳しい情報は、米国大使館の「学生ビザ」日米教育委員会(フルブライト・ジャパン)「ビザ・滞在資格」のページをご覧下さい。また、ビザに関する相談は、ビザカスタマーサービスへお問い合わせ下さい。



「高校留学」経験者のストーリーをご覧になりたい方は「先輩インタビュー」
EducationUSAでは高校留学やビザについての情報は扱っていません。

Twitter

  • YouTube
  • Flickr
  • LINE