イベント情報

イベント講演会

アメリカ大使館主催:オリンピックスタジアムを負の遺産としないために – 米国の経験に学ぶ –

開催期間:2018年2月2日(金) 18:30~20:00

2020年に開催される 東京オリンピック・パラリンピック後を見据え、日本が持続可能(サステイナブル)な形で飛躍するには、どうすればよいのか?
オリンピック用に建設された巨大施設や都市インフラを、ポジティブなレガシー(将来に向けた成長基盤)とするためには?

本講演では毎日新聞大阪本社記者で、スポーツビジネスやスポーツマネジメントの観点から執筆・研究する岡田 功氏より、
1984年のロサンゼルス五輪、1996年のアトランタ五輪を中心に2012年ロンドン五輪も含め紹介し、それぞれの“五輪レガシー”から学びます。

↑ フライヤーはこちらからダウンロードしてください。


講演後は、早稲田大学スポーツ科学学術院教授 原田宗彦氏と岡田氏の対談を予定しております。

 

◇講演者   岡田 功 氏(Mr. Isao Okada)

【毎日新聞社大阪本社 記者】

◇対談者   原田 宗彦 氏(Mr. Munehiko Harada)

【早稲田大学スポーツ科学学術院 教授】

モデレーター  中澤 薫 氏 (Ms. Kaoru Nakazawa) 

【公益財団法人日本財団パラリンピックサポートセンター推進戦略部 プロジェクトリーダー 】

 

申し込み受付はこちらから:https://business.form-mailer.jp/fms/66f70e5280674 
(先着80名。定員に達し次第受付を終了いたします。)

 

 

登壇者略歴

 

岡田 功 氏(Mr. Isao Okada)
【毎日新聞社大阪本社 記者】

チュラロンコン大学(タイ)大学院修士課程修了。1988年、毎日新聞社入社。大阪本社経済部記者。2007年度、フルブライト・ジャーナリスト研究員(ハーバード大学)。2016~17年、安倍フェロー(ハーバード大学客員研究員、オックスフォード大学客員研究員)として、世界10都市の夏季五輪開催地を回り、五輪施設の維持・運営を調査研究した。日本スポーツマネジメント学会・アメリカマーケティング協会会員。著書に『メジャーリーグ なぜ「儲かる」』(集英社新書)。

 

原田 宗彦 氏(Mr. Munehiko Harada)
【早稲田大学スポーツ科学学術院 教授】

一般社団法人日本スポーツツーリズム推進機構代表理事、日本スポーツマネジメント学会会長

フルブライト上級研究員(テキサスA&M大学)

 

 

中澤 薫 氏(Ms. Kaoru Nakazawa)
【公益財団法人日本財団パラリンピックサポートセンター推進戦略部 プロジェクトリーダー】
2014年フルブライト奨学生としてNew York Universityへ留学。
Master of Science in Sports Business修了。

 

 

注意)アメリカンセンターJAPANでは施設内にノートパソコンを持ち込めなくなりました。こちらでお預かりすることもできません。また、スマートフォンは受付にて電源をオフにした状態で事前にお預かりします(会場へのお持込不可)。ご不便をおかけして申し訳ありませんがご協力のほどをよろしくお願い致します。

 

 

 

基本情報

開催期間
2018年2月2日(金) 18:30~20:00
対象
2020年開催予定のオリンピック・パラリンピックに関心のあるすべての方、 アメリカ留学を考える高校生、大学生、および若手社会人
時間
18:30~20:00(開場:18:00)
地域
関東・甲信越
会場
アメリカンセンターJAPAN
住所
〒107-0052 東京都港区赤坂1-1-14 野村不動産溜池ビル8F
使用言語
日本語
その他
アクセス:地下鉄銀座線溜池山王駅より徒歩15分  地図:https://americancenterjapan.com/access/
参加費
無料
定員
80名
問い合わせ
アメリカ大使館広報・文化交流部(担当:シモテ)Email statealumnijapan@gmail.com / Tel 03-3224-5000 (代表)
締切
定員に達し次第、受付を終了とさせていただきます。
イベント資料
ダウンロード(PDF)

カレンダー

条件検索

Twitter

  • YouTube
  • Flickr
  • LINE