About THE USA

今月の話題

« CATEGORY LIST

アメリカの今を知る:『なぜ大統領夫人が子どもの肥満を懸念しているのでしょうか』

ミシェル・オバマ夫人は、野球キャンプに参加した子どもたちを迎え、子どもたちがもっと活動的になるよう「レッツ・ムーブ!」運動を促進した。

ミシェル・オバマ夫人は、野球キャンプに参加した子どもたちを迎え、子どもたちがもっと活動的になるよう「レッツ・ムーブ!」運動を促進した。

ジョスリン・フライ

多くの米国民の家庭生活は非常に忙しく、その結果、ファーストフード・レストランを頻繁に利用したり、運動不足になったりしやすい。ミシェル・オバマ大統領夫人は、比較的最近まで、働く母親として忙しく、オバマ一家もこうした生活習慣に陥ったことがあった。しかし、子どもたちの主治医と話をしたオバマ夫人は、健康な生活に重点を置くことが家族のためになる、という事実に気付いた。オバマ夫人は、食事の献立に果物と野菜を増やすなど、シンプルな変化を取り入れ、その結果、家族の健康が向上した。

その大統領夫人自身の体験が、今年始まった「レッツ・ムーブ!」運動につながったのである。 「レッツ・ムーブ!」は、米国の家庭や地域社会が、より健康で活動的な生活を送ること、そして将来の世代のために健康な生活のパターンを確立することを奨励する運動である。この運動は、健康を大きく改善するために多くの小さな変化を促すことに重点を置いている。例えば、学校や職場に歩いて通うこと、糖分の多い飲料の摂取量を減らすこと、デザートを減らすこと、そして果物や野菜をもっと家庭の食事に取り入れること、などである。「レッツ・ムーブ!」を通じて、オバマ夫人は、米国民が忙しい毎日の中でも、自分たちの健康と福利を忘れないようにすることを訴えている。

 「レッツ・ムーブ!」は、1世代の間に子どもの肥満をなくす、という野心的な目標を掲げている。 ジョスリン・フライは、ミシェル・オバマ大統領夫人執務室の政策担当ディレクター。

 


出典:”Why Is the First Lady Concerned About Childhood Obesity?
*上記の日本語文書は参考のための仮翻訳で、正文は英文です。

 

PAGE TOP