About THE USA

法律

« CONTENTS LIST

銃規制に関する法律 – 注釈(2)

 

47最近の新聞記事は、銃乱射犯人のチョ・スンヒが2丁の半自動拳銃、9ミリのグロックと0.22口径のワルターを携帯していたと報じた。ニューヨーク・タイムズ紙は、犯罪現場で使用された弾薬装填装置17個が回収されたと報じた。2007年4月19日、NBC Nightly Newsは、それらの装置の一部は最大30発の弾薬を装填することができると報じた。Ian UrbinaおよびManny Fernandez、“University Explains the Return of Troubled Student” 、New York Times、2007年4月20日、21ページ。Brian Williams(アンカー)およびPete Williams(レポーター)、 “Law Enforcement Officials React to NBC’s Airing Cho Seung-Hui’s Video, Photos Sent to Them”、 NBC Nightly News、2007年4月19日を参照。

48Jonathan Weisman, “Dingell, NRA Working on Bill to Strengthen Background Checks,” Washington Post, April 20, 2007, p.A10.

4119 Stat. 2095、2005年10月26日制定。

50第108議会で下院は類似の「銃産業責任」法案(“gun industry liability” bill)(H.R. 1036)を可決した。上院は類似の法案(S. 1805)を審議し数件の銃規制条項によって修正したが可決されなかった。

51詳細についてはCRS Report RS22074、Henry Cohen著、Limiting Tort Liability of Gun Manufactures and Gun Sellers: Legal Analysis of 109th Congress Legislationを参照。

52加えて、1999年包括統合緊急歳出法(Omnibus Consolidated and Emergency Appropriations Act, 1999)(P.L. 105-277)は、連邦銃器ライセンス保持者に対し銃器保管および安全装置の販売を義務付けている。

53120 Stat. 1391、2006年10月4日制定。

54これらの押収に関して、NRA等は、州の「緊急事態権限」は武器を所有・携行する権利である憲法修正第2条に勝ることはない、と主張した。NRAと憲法修正第2条基金(Second Amendment Foundation)は連邦裁判所に対し、これらの押収からの差し止めによる救済を求める共同訴訟を起こした。裁判所の命令によりニューオーリンズ当局は、犯罪行為を犯していない市民からの銃器押収をやめ、すでに没収された銃器を返還するよう命じられた。NRA v. Nagin、民事裁定No. 05-20,000 (E.D. La. 2005年9月23日)

55120 Stat. 1391、セクション557。

56米国連邦議会、下院司法委員会、犯罪・テロリズム・国土安全保障小委員会、「アルコール・たばこ・銃器・爆発物取締局(BATFE)に関する監査公聴会、第1部および第2部:銃展示会での法執行」、2006年2月15日および28日。

57マイケル・R・バウチャードATF現場活動担当局長補(ATF Assistant Director for Field Operations)の証言、米国連邦議会、下院司法委員会、犯罪・テロリズム・国土安全保障小委員会、「アルコール・たばこ・銃器・爆発物取締局(BATFE)に関する監査公聴会、第2部:銃展示会での法執行」、第109議会、第2会期、2006年2月28日。

58Sewell Chan、”15 Mayors Meet in New York to Fight Against Gun Violence”、New York Times紙、2006年4月26日、A18ページ。

59詳細はCRS Report RS22458、Gun Control: Statutory Disclosure Limitations on ATF Firearms Trace Data and Multiple Handgun Sales Reports、William J. Krouse著を参照。

60 2004会計年度には、本委員会のマークアップにおいて、ATF銃器追跡データの使用に関する制限が、トッド・ティアハート下院議員提出の修正条項によってATF歳出法の文言に挿入された。

61詳細は、City of New York v. Beretta U.S.A.、No. 00-CV-3641、2006 U.S. Dist. LEXIS 24452 (E.D.N.Y. 2006年4月27日)参照。

62Sewell Chan、”15 Mayors Meet in New York to Fight Against Gun Violence”、New York Times紙、2006年4月26日、A18ページ。

63第107議会会期中に下院は同様の平和の聖母法(H.R. 4757)を可決したが、議会が休会するまでにこの法案に対する措置はそれ以上取られなかった。第108議会ではダシュル上院議員が、平和の聖母法(タイトルV、サブタイトルB)を盛り込んだ司法強化・国土安全保障法(Justice Enhancement and Domestic Security Act of 2003) (S. 22)を提出し、チャールズ・シューマー上院議員も同様の法案(S. 1706)を提出したが、いずれの法案も第108議会では決議されなかった。

64 1975年銃器管理規制法(Firearms Control Regulations Act of 1975)、セクション702 (sec.7-2507.02, D.C. Code)。

65Spencer S. Hsu、”House Votes to Repeal District Gun Restriction”、Washington Post紙、2005年7月1日、B01ページ。

66Daphne Retter、”District of Columbia Appropriations: Key Senator Backs Limits on D.C. Gun Laws That were Included in House Measure”、Congressional Quarterly Today、2005年6月21日。

67Robert E. Pierre、”Budget Leaves D.C. Gun Ban in Place”、Washington Post紙、2005年11月19日、B03ページ。

68Parker v. District of Columbia(No. 04—7041, 478 F.3d 370; 2007 U.S. App. Lexis 5519)およびDavid NakamuraとRobert Barnes、”DC’s Ban On Handguns in Homes is Thrown Out”、Washington Post紙、2007年3月10日、A01ページを参照。

69”Gun-Rights Gambit Sidetraks D.C. House Vote”、CQ Today、2007年3月22日。H.R. 1433に関する詳細はCRS Report RL 33830、District of Columbia Voting Representation in Congress: An Analysis of Legislative Proposals、Eugene Boyd著を参照。

70詳細はCRS Report RS22458、Gun Control: Statutory Limitations on ATFFirearms Trace Data and Multiple Handgun Sales Reports、William J. Krouse著を参照。

71Federal Register 58303

72NRA v. Reno (No. 99-5270, 216 F. 3d 122; 2000 U.S. App. Lexis 15906) 

73Federal Register 6470

74Federal Register 35567

75詳細はGAO、Gun Control: Potential Effects of Next-Day Destruction of NICS Background Check Records、GAO-02-653を参照。

76詳細はCRS Report RL33011、Terrorist Screening and Brady Background Checks for Firearms、 William J. Krouse著を参照。

77Fox Butterfield、“Justice Dept. Bars Use of Gun Checks in Terror Inquiry: FBI Wants to See Files”、New York Times紙、2001年12月6日、A1ページ。

78P.L. 103-159のサブパラグラフ103(i) (107 Stat. 1542)。

79詳細はCRS Report RL32366、Terrorist Identification, Screening, and Tracking Under Homeland Security Presidential Directive 6、William J. Krouse著。

80Dan Eggen、“FBI Gets More Time on Gun Buys”、Washington Post紙、2003年11月22日、A05ページ。

81詳細はGAO、Gun Control and Terrorism: FBI Could Better Manage Firearm-Related Background Checks Involving Terrorist Watch List Records、GAO-05-127、2005年1月、38ページを参照。

82同上、9ページ。

83同上、26ページ。

84搭乗拒否リストに関する詳細はCRS Report RL32802、Homeland Security: Air Passenger Prescreening and Counterterrorism、Bart Elias、William Krouse、Ed Rappaport著を参照。

85Michael Luo、“U.S. Proposal Could Block Gun Buyers Tied to Terror”、New York Times紙、2007年4月27日。

86詳細はCRS Report RS22151、Long-Range Fifty Caliber Rifles: Should They Be More Strictly Regulated?、William J. Krouse著を参照。

8726 USC, Chapter 53, §5801以下参照。

8818 USC, Chapter 44, §921以下参照。

89詳細はFirearm Use by Offenders, by Caroline Wolf Harlow [http://www.ojp.usdoj.gov/bjs/pub/pdf/fuo.pdf] を参照。

9018 U.S.C. セクション921(a)(30)

91詳細はCRS Report RL32077、The Assault Weapons Ban: Legal Challenges and Legislative Issues、T.J. Halstead著、およびCRS Report RL32585、Semiautomatic Assault Weapons Ban、William J. Krouse著を参照。

92詳細はCRS Report RL32249、Gun Control: Proposals to Regulate Gun Shows、William J. KrouseおよびT.J. Halstead著を参照。

 

- CRS Report for Congress on Gun Control Legislation, updated April 2007 -

 

 

PAGE TOP